こんなキャラもある葛飾区

葛飾区にあるキャラといえば、まずはこれ。

 

男はつらいよのフーテンの寅。

 

その妹のさくら。

 

柴又駅前に向かい合うように立っています。

 

そして、こち亀。

 

こちらは亀有駅前にあります。

 

さらに、キャプテン翼。

こちらは南葛飾高校前にあります。

 

四ツ木駅構内にはこんなコーナーもあります。

 

実物大のイニエスタと翼の像があります。

 

こんなチラシもありました。

 

葛飾区にあるキャラといえばこれぐらいかなあと思っていたら、まだありました。

四つ木の南、中川を越えた西新小岩5−2にある西新小岩五丁目公園。

 

別名モンチッチ公園。モンチッチ、大流行しました。

 

碑文によるとここに工場があったようです。

 

敷石にはモンチッチのイラスト。

 

トイレにはモンチッチのイラスト。

 

この公園は2018年4月に開園とあります。(撮影2018.7)

碑文によると、現在もモンチッチは売られているようです。

 

葛飾区には有名なおもちゃ会社があるので、まだキャラがあるかもしれません。

 

 

更新情報 7月14日

葛飾区の歩道橋、球場、スカイツリーの見える場所、大きな橋、中規模の橋、ポケットーパーク、児童公園、小公園、銅像、噴水、

広場、神社を追加、差し替えしました。

撤去された橋

豊島区上池袋周辺を撮影していたら、堀之内人道橋が撤去されていました。

 

  

かつての堀之内人道橋。豊島区上池袋2-45側。2009年3月撮影。

 

  

堀之内人道橋。豊島区池袋本町1-2側。

 

いつごろ撤去されたかは不明ですが、老朽化で、地震などに備えて改修するより撤去したほうが、

コスト的にも、安全面も確保できるとしたのではないかと思われます。

人道橋上より見られた光景も見られなくなったということです。

 

人道橋上より板橋方面。JRの車両基地。

 

人道橋上より、最左は東武東上線。中は埼京線。右は車両基地。

 

人道橋上より池袋方面。

 

そういえば、ほかにも撤去された跨線橋があったことを思い出しました。

 

葛飾区東新小岩2-25にあった総武線を跨ぐ名称不明の跨線橋。2006年6月撮影。

2007年5月に通りかかったときにはすでに撤去されていました。

 

その後、撤去された跡地に広場的なスペースが出来ていました。2014年6月撮影。

 

歩道橋も撤去されていたのが、原宿駅前の歩道橋、新小岩駅南口の平和橋通りの歩道橋。

ほかにもあると思いますが、歩道橋も地震で倒壊したら道を塞ぐので今後も撤去される方向で進んでいくと思われます。

更新情報 7月1日

葛飾区の球場、史跡、銅像、施設を追加、差し替えしました。

更新情報 6月27日

豊島区の広場、商店街、小公園、児童公園、オブジェ、銅像、流れのある公園を追加、差し替えしました。

変わる背景 その1

目的物は変わらないが、背景が変わることがよくあります。

なかなか気付きずらいので見逃すことが多々あります。

微妙な差異なので撮影した後に気付くことがあります。

例えば、

 

やなぎ橋公園(杉並区高井戸西3-31)

2012年5月撮影したものです。

それから七年後2019年6月撮影したものが下。

 

右奥に新しい建物が建っています。

たいしたことはないかもしれませんが、こういうことがかなりあります。

また、例えばすぐ近くのむつみ橋。

 

神田川むつみ橋(杉並区高井戸西1-31)

2006年2月に撮影したものですが、それから13年後、

 

橋の向こう側は団地の駐車場だったのが、緑地になっていました。

2019年6月撮影。

 

むつみ橋緑地

 

13年経てば変わるだろう、と言われればそうかもしれません。

調べてみたら、むつみ橋は4回撮影していました。

2008年と2012年ですが、そのときは逆方向からの撮影でした。

2012年のとき、横からの撮影が緑地になっていた方角を映していました。

 

木が生い茂っていてよくわかりませんが、駐車場でもなく、

緑地でもないようです。

 

撮影時は気づきずらいので、しばらくぶりのところは撮影しておき、

差し替えてるときに気づくことがよくあります。

現在もかなり前に撮影したものは差し替えを行っております。

 

 

更新情報 6月19日

杉並区の小公園、児童公園、施設、緑地、小幅の川、小さな橋、オブジェ、寺、歩道橋を追加・差し替えしました。

銭湯について

当サイトに載っている銭湯の数は約600あります。銭湯は毎年廃業が進み、おそらく600のうち、半分は廃業していると思われます。廃業したところは削除したほうがいいのでしょうが残しております。理由の一つは、廃業しても建物が残っているケースが多々あるからです。銭湯ではなくデイサービスのような施設として使われていたり、コミュニティスペースのような使われ方で残っている場合があります。また、なんらかの事情で解体されずそのまま残っていることも多々あるからです。また、年々減っている銭湯の姿をサイト上に残しておくのも資料になるんじゃないかと思っています。そんなか、稀に建て替えて新しくリニューアルされたケースがありました。

 

井草湯 杉並区下井草5-3  18年5月撮影

18年4月にリニューアルオープンしたそうです。

 

斎藤湯 荒川区東日暮里6-59 19年5月撮影

15年4月にリニューアルオープンしたそうです。

 

かつての斉藤湯。11年2月撮影

 

これまで外観の撮影だけで入浴はしてませんが、外観だけでこれはいいなあと思ったのは、小平市にある小平浴場です。

 

  

小平浴場 小平市津田町3−4 07年3月撮影。 左 入口側  右 道路に面した側

 

現在もこのままで営業しているようです。全体が木造で、外壁が板張り。調べたわけでないのであくまでも予測ですが、戦前からあるんじゃないかという佇まいです。

 

銭湯に関しては、残っているものは撮影して差し替えております。

また、今後はビルやマンションに入っている銭湯も撮影していくことも考えております。

 

 

 

 

 

更新情報 6月9日

荒川区の銭湯、銅像を更新・差し替えしました。

更新情報 6月2日

北区の地下道、坂、遊歩道、広場、小幅の川、小さな橋、小公園を追加・差し替えしました。